top of page

『中原淳一的生活』(銀座 蔦屋書店)に参加します

昭和20年代に、「それいゆ」「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などの

女性向け雑誌を世に出し、混乱する世の中にあって、

どんなふうに生きていけばいいのか、

「美しく生きる」姿勢を信念を持って語り続けた中原淳一さん。


そこには、モノがなくとも、お金が不足していても、

工夫と前向きな気持ちがあれば「美しく愉しい暮らし」が実現できる

という教えが詰まっていました。


たくさんの絵と言葉によって紡がれた中原さんのメッセージは、

時を超えて、今を生きる私たちの心に響いてきます。


その中原淳一さんの生誕110年を迎える、2023年。


記念年のイベントのスタートを切る形で、1月18日(水)〜3月3日(金)まで、

銀座 蔦屋書店 雑誌売場にて、ポップアップショップ形式のフェア

「中原淳一的生活」が開催されます。




「美しい愉しい暮らしは、他人に見せるためではなく、自分のために必要なのです」

中原淳一さんのこの言葉をテーマに、

日本各地の風土に育まれた伝統を現代に繋げていこうと、

ものづくりをしている生産者5社が選んだ中原淳一さんの言葉のもとに集い、

令和における「美しい愉しい暮らし」を提案します。



会場では中原淳一さん